スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dear

皆さんこんばんは♪最近冷え込むようになってきたのでTシャツから長袖に衣替えしたヴィヴィさんです^^
8月の某日、特に用もなかったんですが本屋にふらっと立ち寄ったとき高校生の頃読んでいた本が新装版として発売しているのを偶然みつけて「うわぁ~マジかよ!?」ってなりましたw

こちらの本です♪

当時『ガンガンWING』にて連載していた藤原ここあ先生の『dear(ディア)』
単行本は1~12巻まで発売されています。
新装版は一冊に二巻分収録されており、7月から一ヶ月おきに発売してるみたいなので今月4巻が発売されると思います。
この『dear』の前話である『わたしの狼さん。』も新装版として発売されています。(まだ買っていませんがorz

ストーリー 
主人公・『散葉(ちるは)』は魔狼(ライカンスロープ)という人間でも魔者でもない存在。ある日、散葉が人里に降りると昔の唯一の友達である討伐隊の副長・『妃杈(きさら)』と出逢う。しかし妃杈は記憶喪失になっており、散葉のことを忘れてしまっていた。
散葉 妃杈

最初は散葉を討伐しようと思っていた妃杈。しかし一緒にすごして行くうちに昔起こった『出来事』を思い出し、誤解が解け再び二人は『友達』に・・・ 。


小桃   昴
LEVEL0の貧乏勇者『小桃(こもも)』そのお供LEVEL2000の魔王でライカンスロープの右手を持つ『昴(すばる)』
昴の右手を治すために散葉の所に。
【この二人が活躍する物語『わたしの狼さん。』】



プリノ 紅  キャロル 
【魔王軍】将軍『プリノ』  魔王の側近『紅(くれない)』と『キャロル』
魔王である昴の部下。
プリノに憑いた『ライカンスロープのミイラ』の呪いを解くために散葉の所に。
そして偶然に小桃達と会う。
【この3人+上の2人の話で『わたしの狼さん。』の続編である『わたしの狼さん。THE OTHER SIDE OF LYCANTHROPE』】

「人間」「魔物」「魔狼」がふれあうお話。




高校3年の頃教室で単行本読んでたな~と懐かしがりながら読み返していました^^
下敷きとかも『dear』にしてましたね~w
(当時は単行本全巻購入していました就職してから少しした時期に「よし!漫画卒業しよう!!」と何を血迷ったか売ってしまいましたwバカ!僕のバカーーー!)


ヴィヴィさんが一番好きなキャラはプリノ・ハーウェルですね^^
魔王軍の将軍ですが、すごくドジで歩くだけで不運に遭遇するお嬢さまw
呪いの影響で魔狼化して「わんわん♪」と鳴いたりします。

是非機会があったら『dear』を読んでみてほしいですね~和むぜ~♪   

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
相互リンク
MemoriesOff
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。